FXとは何か

FXについて聞いたことはあるにせよ、それが実際に何であるかを理解していないかもしれません。FX(Foreign Exchange)、つまり外国為替は、各国の通貨の為替レートの変動を推測し、投資するものです。株式や、コモディティー、国債や社債と同様、情報を元に価格変動や外国為替に関する推測をすることができます。
 
世界のFX市場は全ての国の通貨で構成されており、24時間週5日間取引されています。FXは家はもちろんどこからでも投資することができます。FX市場で最もトレードが盛んな時間は米国市場が開いてからヨーロッパ市場が閉まるまでのGMT13:00から17:00までの時間です。為替はこの時間に大きく変動し、チャンスとリスクを有無時間帯でもあります。
FXの根本はそこまで複雑なものではありません。安い時に買い、高い時に売り、利益を得るのです。高い時に売り、安い時に買うこともできます。これは空売りと呼ばれ、詳しい仕組みについては様々な本やオンラインの教育教材で知ることができます。為替の動きを予測し、FXで成功するには時間と訓練が必要です。国の経済の見通しや政変に関する多くの指標が為替価格に影響します。FXトレーダーはこれらの指標を読むことを覚え、Admiral Marketsが提供している様なオンラインの教育教材にアクセスし、知識を蓄えるのです。
 
FXは個人投資家にとってはリスクの高いものと認識されることがありますが、近年の経済情勢ではより魅力的のある選択肢となってきています。正しいツールと知識を身につけ訓練すれば、FX では成功し得るのです。
 
FXでは生来、他の投資よりも有利な所があります。それは、FXでは「レバレッジ」によって投資額を増やすことができるのです。
 
家を買う時の事を考えてみてください。一般的に、頭金として全体価格の10~20%を初めに払い、残りは銀行から借ります。家の値段が100,000ドルだとすると、頭金は20,000ドルとなり、残りは銀行から借ります。その後、高騰市場の中、家の価値が6ヶ月後で120,000ドルになったとします。この瞬間に家を売れば、最初の投資額の二倍の利益を得ることができます。
 
FXでも同じ様なことが言えます。FXでは、頭金として投資する金額を500倍まで拡大することができるのです。
FXは他の金融商品と違い、少ないお金から市場に参加することができ、また簡単に売ることもできれば、空売りし、売りから入ることもできるのです。
 
FX市場はここ数年で急速に発展しており、金融業界では最も成長している分野です。EUでは、FXは厳密に監視され、規制されています。何故FXがここまで急成長を遂げているのかと申しますと、その理由の一つとしてソフトウェアの使用によってここ2,3年の間に産業に革命を起こしたことが挙げられます。近年ではどこからでもトレードを行えるほか、どうやって、そしていつトレードを行うべきか分かりやすくなったのです。今投資家は多くのツールや知識を用い、より良い判断を正しいタイミングで行うことができるようになり、同時にリスク管理を行うこともとても重要な要素となりました。

 

 

X
Loading